溢れても 溢れても 
忘れても 忘れても
足りなくなることはない ありがとう



溢れても 溢れても
流れても 流れても
尽きてしまうことはない あいしてる



いつかで どこかで 出逢った あなたに
いつかで どこかで すれ違った あなたに
いつかで どこかで 愛した あなたに わたしに
いつかで どこかで 憎んだ あなたに わたしに



思い出すだけで溢れてくる 
無数のありがとう 
無数の
あいしてる



思い描くだけで溢れてくる 
無数の
あいしてる 
無数のありがとう



あなたに ありがとう
溢れても 
溢れても 
溢れきることはない 
ありがとう



時にその「あなた」は
部屋の片隅にあるホコリだったりする笑い話



あなたを あいしてる
溢れても 
溢れても 
溢れきることはない 
あいしてる



時にその「あなた」は
その辺に生えている雑草だったりする笑い話