書いても 書いても 変わらないかもしれない
書いても 書いても 変えれないかもしれない



それでも 
書かずにはいられない 不思議と

なぜか
書かずには落ち着かない もう



書いて 書いて 書き続けて 何かを手にしたくて
書いて 書いて 書き続けて 何かを手放したくて



あがくように 
踊り歌うように 
もぐるように 
笑い明かすように



繰り返していく 
繰り返しに見えても 繰り返しではない想像を

繰り返していく 
繰り返しに見えても 繰り返しではない創造を



書いていくことでしか  わからない感情へと
書いていくことでしか  わからない感覚へと



没頭できるうちは 
無我夢中もしっくりとくるから

没頭できるうちは 
自己欺瞞にもならないはずだから



書いて 書いて 書き続けていくことで 満たされて
書いて 書いて 書き続けていくことで 磨き抜いて



書いても 
書いても 
変わらないかもしれない  それでもいい

書いても 
書いても 
変えれないかもしれない  それでもいい



書いて 書いて 
書き続けていくことで  何かが変わりゆく

書いて 書いて 
書き続けていくことで  何かを変えられる



意図しなかった物事が  変わりゆくとしても
予想しなかった現象を  変えてゆくとしても



書いて 
書いて 
書き続けていくことで  変わらない自分と逢える

書いて 
書いて 
書き続けていくことで  変わりゆく自分と逢える