未知はある。
の先にある。



どこまで進んでも
の先には未知が広がっている。



歩んでいく
新たな未知を教えてくれ
歩きたくなる
となる。



経験だけが左右するわけではない。
運命だけが左右するわけではない。

歩み始めた未知
すぐにとなることもあれば
中々
にはならず苦しむこともある。



すぐに
になるのがいいとも限らない。


未知になった途端
飽きてしまう欲望に
新たに見えた違う未知
走り出す誘惑にかられることもある。



着実に未知を歩み
になってからも歩み続け
今の

新たに見えてくる未知
つなげることができるかどうか。



その地
のりを
耐えることが、楽しむことができるかどうか。



あらゆる開拓者はかつて初心者だった。
あらゆる開拓者はかつて求道物だった。
あらゆる開拓者はかつて継続者だった。



未知
なきところにはできず。
なきところに未知は生まれず。



未知
あるところによ、幸よあれ。
あるところに未知よ、幸よあれ。